クリアネオが効かない?間違った使い方をしていませんか?

 

クリアネオ

 

クリアネオは私をはじめ、多くのわきが対策をしている方々に支持されています。

 

それだけ効果があるということですよね。
いい口コミも多いですし、様々なメディアにも取り上げられてます。

メディア

 

 

さらに、

永久返金保証制度

この永久返金保証制度も販売会社の自信の表れでしょう。

 

ただし、間違った使い方をしている場合は効果を感じられないでしょう

 

塗る量が少ない

 

クリアネオの最低推奨量は、

 

  • 朝:両脇に2プッシュずつ
  • 夜:両脇に1プッシュずつ

 

と1日に最低でも6プッシュは塗り込まなければなりません。
ニオイがきつい方はそれ以上塗ってください。

 

もったいないからと言って、塗る量を減らしてしまっては効果を得られません。

 

私も毎日6プッシュ分塗り込んでいます。
そして効果を実感しています。

 

決して、ケチったりせずに最低限の量は使うようにしましょう。

 

 

わきを清潔にしていない

 

これは良くないです。

 

そもそもわきがというのは、アポクリン汗腺から出る湿り気のある汗が人の体に常駐している菌と混ざり合うことで独特のニオイが発生します。

 

このアポクリン汗腺というのは、

 

マンマリーライン

 

マンマリーラインと呼ばれる、

  • 耳の中
  • わきの下
  • 乳首まわり
  • おへそ
  • デリケートゾーン

に集中しています。

 

ですから、耳垢が湿っていればわきがの可能性が高いと言われるのです。

 

 

また、重度のわきがの方でもお風呂で全身をキレイに洗った後はニオイはしないんです。
つまり、汚れがなく菌がいない状態なんですね。

 

こういう清潔な状態でクリアネオを塗らなければ効果はありません。

 

夜は入浴後、忙しい朝シャワーを浴びる時間のない方はウェットティッシュや汗ふきシートなどでわきを拭いてから塗るようにして下さい。

 

大切なポイントですよ。

 

 

しっかり塗り込む

 

これは意外と見落としがちかもしれません。
塗り残しがあってはその部分には効果がありません。
わきの下の汗腺まわりにまんべんなく塗るようにしてください。

 

 

汗ばむ時期は塗る回数を増やす

 

私も汗っかき体質で、夏場などとっても困るんですが、そういう汗をかきやすい時期には朝・夜だけではなく、お昼や夕方にもクリアネオを塗ってください。
その際もお昼休みのトイレなどで、ウェットティシュまたは汗ふきシートでわきをよく拭いてから塗ってください。

 

私は敏感肌なので刺激の少ないノンアルコールのウェットティッシュを使っています。
ポーチには常にウェットティッシュと汗ふきシートとクリアネオを入れています。
※汗ふきシートは無印良品のものが個人的にはオススメです。

 

 

以上、クリアネオの正しい使い方でした。
ぜひ、参考にしてください。

 

矢印

クリアネオを正しく使う